2017年05月09日

ゴビのハクチョウ

なかなか更新が出来ず、一か月も前の話になってしまいますが…
ウランバートルからモンゴルに帰ってくる道中で見つけた小さな水場にやってきたオオハクチョウたち。

DSC_8502_R.JPG

DSC_8491_R.JPG

4羽いたので一緒に渡ってきたんでしょうか。
場所はドンドゴビの近く。まだまだ渡りの途中です。

…と言うことはもしかしたら南ゴビにもハクチョウが…!?と思いダランザドガドの水場に行ってみると…
いました!

DSC_9219_R.JPG

でもいるのは1羽だけ。
しかも首に「E58」と書かれた青い首輪と背中には何かが刺さってます。

111DSC_9219.jpg

モンゴルの野鳥協会の人に問い合わせてみると、中国で捕獲され標識を付けられたハクチョウのよう。
渡りのルート解明のためでしょうか。
結構しっかり大きい標識なので、これが原因で取り残されたとかじゃないといいなーと思いますが。

ゴビの荒野にハクチョウ、というとなんか変な感じですが、春の一つの楽しみです。





posted by kurokuma at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | モンゴルの動物・野鳥たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449723885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
#iphone-link{display: none !important;}
[id*="imobile_adspotdiv1"]{display:none;visibility:hidden;height:0px;} /* 広告非表示 */ [id*="nend_adspace"] {display:none!important;visibility:hidden!important;height:0px!important;} [class*="adlantis_banner_image"] {display:none!important;visibility:hidden!important;height:0px!important;}