2014年10月14日

Let's Fishing 4 in2014

さて、前回のLet's Fishing 3ではナマズフィーバーに泣きましたが、今回はリベンジです。
今回と言っても8月の話で2ヶ月も経ってしまっているのですが、、、現在、完全冬気配のモンゴル、少しくらい夏の思い出に浸っても…ということで書きます。

目指すはウランバートルから西へ約500q、アルハンガイ県のとある村。車で12時間ほど。
アルハンガイはモンゴルの中でもとりわけ美しい場所の1つです。
アルハンガイにはたくさんの川が流れています。
オルホン川、チョロート川、タミル川etc…
今回はちょうど知り合いの出身地ということで、タミル川への釣行です。

IMG_0808_R.JPG

IMG_0826_R.JPG

IMGP5237_R.JPG

とにかく景色が綺麗…魚影が濃い!!

IMG_0874_R.JPG

よく釣れるのがこれ。
ハリオス(Хариус:ロシア語)と言います。モンゴル語ではХадран、英語で言うグレイリング、日本語ではカワヒメマスという魚です。

特徴はコレ。綺麗な背びれです。

IMGP5247_R.JPG

IMGP5267_R.JPG

そして、コイツ。
お馴染みのレノック(コクチマス)です。

IMG_0883_R.JPG

今回釣りに行った場所はこの2種類の魚がとにかく釣れまくる…アベレージ40pという恐ろしいところ。一番小さいやつでも35pというから驚きです。(日本だと尺サイズのを釣るのも一苦労ですが)今回30p以下の魚は一度もお目に掛かりませんでした。逆に小さい魚はどこにいるのやら…。

残念ながら今年の目標サイズ60pは釣れませんでしたが、大満足の釣行でした。

今回の最大レノックはこれ。

IMGP5268_R.JPG

47p 去年とタイ記録。

IMGP5269_R.JPG

IMGP5281_R.JPG

とにかくレノックの引きは凄いです。
ハリオスに比べて走りまくるので掛かった瞬間に分かります。
黒くまも50近いレノックを何度ばらしたことか…。

ちなみに一緒に行ったモンゴル人が最終日に53pという大物を釣り上げました。

どこかにいるはず、60オーバーレノック!
来年再チャレンジです。



posted by kurokuma at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

Let's fishing 3 in2014

いやいや、ほぼ丸2ヶ月ブログの更新サボってました。
モンゴルの夏はやはり気持ちが外に向いてしまうというか、何というか。
せっかくの短い夏を精一杯楽しまないと!!
ブログに載せたいネタもたくさんあったのですが、今では何を書こうと思っていたのさえよく分からないくらい……すこしずつ思い出していきます(笑)

と、いうことでいろんな意味で忙しかった夏のご報告。

んで、何に忙しかったかというと、、、
これです。

IMG_0662_R.JPG

川。

IMG_0610_R.JPG

川と言ったら、釣り!!

去年から続いて、目標は60pオーバーのレノック(コクチマス)です。
去年はこの川でメーターオーバーの大物を逃がし、悔しい思いをしました。
こちらこちらも)

今回は去年のリベンジ!!
の意気込みで臨みましたが、、、

異常に川が濁っている…

水温が高い…

ヒットするのは、

IMG_0622_R.JPG

ナマズ(笑)

IMG_0692_R.JPG

ナマズ(笑)

IMG_0690_R.JPG

そしてデカいナマズ(笑)
体長60pというなかなかの大物!!

残念ながらレノックは釣れませんでした。
再リベンジはまた後のお話。

このナマズ、モンゴル語ではソーム(Сом)と言います。
ロシア語ですね。
大きいものではメーター近くかそれ以上になるようです。

このナマズ、相方が上手に調理してくれました。

IMG_0679_R.JPG

ぬるぬるの身と格闘しながら何とか捌き、カレー粉をまぶしてソテー風に。
これが、、、

うまい。

コラーゲンたっぷりの淡白で柔らかい身です。

ちなみに、健康食品にもよく見られる魚由来のコラーゲン、フィッシュコラーゲン。
実はほぼナマズ由来の成分らしいですよ。



posted by kurokuma at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

夏に向けて

最近日差しが一段と強くなってきたモンゴル。
春を通り越して一気に夏になりそうな勢いです。
美しい草原風景が見られるのが待ち遠しいですね。

先日、モンゴル人に魚を頂いたこともあり、黒くまの釣りへの願望もますます強くなっています。
が、残念ながら今は禁漁期間…

いてもたってもいられないのでとりあえず夏に向けての準備だけでも!

という訳で、先日市場に行ったさい、ついでに釣り具も購入してきました。

IMG_7039_R.JPG

ルアーと毛バリ、ラインカッターです。

ルアーは5000tg(300円ほど)、毛バリは一個2500tgでした。
中国製のルアーなのでちゃんと泳ぐといいんですが、、、
去年買ったのは横にべろ〜んとなったまま、ただ引きずられるだけのルアーも(笑)
さすが中国クオリティー。

でもなぜかこのルアー、説明がきちんと日本語で書いてあります。

IMG_7040_R.JPG

結構まともな日本語?と思いきや、これがなかなか面白い。
小さくて見えないかもしれないので以下抜粋。違和感たっぷりですね。

飛ぶぞ: 「スコーン!」と爽快な手応えの重心移動に、エアロ効果の高いオフセットリップ。かなり飛ぶ

強いぞ: レーザーカット、厚さ1.0oワイヤーが貫通しているタフな脊椎

常用深度は40p: ……リバーマウスやサーフでのポテンシャルは測り知れナイ

タフな脊椎(笑)
計り知れナイ(笑)

やはり期待は裏切りません。


ちなみに禁漁期間に関する法律はコチラ

この中(動物に関する法律)の第9条に詳しく書かれています。
魚の種類によって特別な禁漁期間のものもありますが、基本4月1日〜6月15日までが禁漁とのこと。




posted by kurokuma at 12:03| Comment(2) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月05日

マスコ〜

マスコ

…と言ってもあまりピンとこない人も多いかもしれませんが、、、

鱒子、つまり鱒の卵です。

先日釣りあげたレノックの腹の中に卵が入っていました。

IMG_6125_R.JPG

これを、酒、醤油、昆布、塩を加えて醤油漬けに…。

2日後…

IMG_6151_R.JPG

IMG_6152_R.JPG

これを炊きたてのご飯の上に載せて頂きます。

IMG_6155_R.JPG

めっっっっっっっちゃくちゃ美味しかったです。感激です。
粒は筋子に比べると小粒ですが、味の濃い美味しい卵。
まさかモンゴルでこんなに美味しい鱒子が食べられるとは。





posted by kurokuma at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Let's fishing 2

いや〜立派なレノック(コクチマス)です。
ロシア名レノック
モンゴル名ゼウェグ
以前もう少し小さいのを釣りましたが…。)

IMG_6106_R.JPG

体長47cm
これでもモンゴルではまだまだアベレージサイズです。
夢の60cmオーバーまであと少し!!

なんですが…
実はこの直後1mはあろうかと思う魚にラインをぶっちぎられてしまいました。
顔も背中も尻尾も間違いなくタイメン(日本で言うイトウ)という魚です。

IMG_6120_R.JPG

今回はミノーで釣りましたが、帰ってお腹を空けて見るとこんな小魚が。

IMG_6130_R.JPG

ルアーの選択もバッチリでした。

もうそろそろ雪が積もるので道が通れなくなるとか。
来シーズンが楽しみですね。

IMG_6115_R.JPG







posted by kurokuma at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Fishing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
#iphone-link{display: none !important;}
[id*="imobile_adspotdiv1"]{display:none;visibility:hidden;height:0px;} /* 広告非表示 */ [id*="nend_adspace"] {display:none!important;visibility:hidden!important;height:0px!important;} [class*="adlantis_banner_image"] {display:none!important;visibility:hidden!important;height:0px!important;}